健康管理能力検定検定ガイド

健康管理能力検定1級で習得できること
生活リズムの乱れは体内リズムに影響を及ぼし、未病から生活習慣病へと移行させます。
健康管理能力検定1級では、3級と2級で学んだ体内時計のしくみや様々な体のリズムの知識を踏まえ、健康管理や予防医学に関する深い知識を学びましょう。
●活用法
医療、福祉、企業、学校、地域などで健康管理の知識と予防医学の普及ができる。
日本成人病協会認定の認定講師の資格取得可能。

体のリズムについて詳しく知る

1級の内容 健康管理と予防医学

試験時間 90分
試験方式 記述方式
内容 1級の公式テキストに記載されている「健康管理と予防医学」について、内容を理解している
※試験問題は、公式テキストの内容に沿って出題されます
難易度 難しい
受験資格 制限はありません。どなたでも受験可能です
検定料 5,500円(税込)
※返金・次回以降への繰越は不可
公式テキスト 『健康管理能力検定1級』の『公式テキスト』にご興味がある方は、こちらをご覧ください。

1級合格までのフロー

1級合格までのフロー <一例>
費用
健康管理能力検定1級
受験対策講座 受講料(テキスト代込)

64,800円(税込)
検定料
5,500円(税込)
養成講座 受講料
21,600円
合格対策講座 受講料
5,400円

カリキュラム・公式テキスト内容

テキスト1
健康管理学
生活習慣や環境が変わる中、高齢化も加わり、単に長生きをするのではなく、生活の質=quality of lifeが重要視されています。健康生活を守るためのライフスタイルに合わせた健康づくりについて学びましょう
テキスト2
生活習慣病の基礎知識
がんや心臓病、脳卒中などの疾患は、加齢に伴い増加傾向にありますが、生活習慣を改善することで予防が可能です。現代に多くみられる病気のメカニズムを知り、健康寿命の延伸のため、病気の発症予防・重症化予防対策を学びましょう
テキスト3
心の健康管理
心の健康は、私たちの生活を大きく左右します。ストレス社会を乗り越えて心の健康を守るため、ストレスの本質を知り、心に及ぼす影響とともにその解消法を学びましょう
テキスト4
生活を守る栄養学
食べることは、生きることの基本です。健康的な生命活動を営むために栄養や栄養素のついての知識を身に付け、ライフスタイルに合わせた食卓づくりや食育、食品添加物について学びましょう
テキスト5
生活環境と健康
環境とは、人間を取り巻くすべての条件であり、私たちの健康に直接・間接的に影響を及ぼします。身近な生活環境から地球規模での環境問題まで、幅広い知識を学びましょう。また、健康を守る法律を学び、健康づくりに活かしましょう
テキスト6
身体を守る健康知識
健康を支える柱のひとつである運動について学びましょう。その他、薬や東洋医学、いざという時の応急処置について学び、健康を管理し体を守るために役立つ知識を身につけましょう

《厚生労働大臣指定講座》健康管理能力検定1級 受験対策講座について

講座受講のメリット ①健康管理を体系的に学べる本格的な6冊の公式テキスト
②予防医学の理解がさらに深まる添削問題集4冊付き
③自宅で学習できる通信講座
④分からないことは質問票ですぐに解決!
受講料 64,800円(税込)

《オプション講座》健康管理能力検定1級 養成講座について

内容 通信講座の修了及び資格認定試験合格を目的とした、通学形式のオプション講座(全4回)です。通信講座だとなかなか勉強がはかどらない方や、講座を修了できるか不安な方、絶対に合格したい方、仲間をつくりたい方におススメです
受講料 21,600円(税込)
健康管理能力検定2級合格後に「健康管理能力検定1級 受験対策講座」にお申込みいただいた方は、≪オプション講座≫養成講座(全4回)【受講料:21,600円(税込)】を半額10,800円(税込)に割引いたします
受講資格 健康管理能力検定1級 受験対策講座を受講している方
詳細 詳しくは日本医協学院サイトをご覧ください
http://www.ini.ne.jp/yousei/

《オプション講座》健康管理能力検定1級 合格対策講座について

内容 試験内容に沿った、カラーの資料付きの講座です。健康管理能力検定1級を目指し、 さらに健康管理や予防医学の知識を深めたい方、資格を取得して活躍の場を増やしたい方におススメです
受講料 5,400円(税込)
受講資格 健康管理能力検定1級 受験対策講座を受講している方
詳細 詳しくは日本医協学院サイトをご覧ください
http://www.ini.ne.jp/taisaku/

公式テキスト・受験対策講座お申込み

健康管理能力検定1級「公式テキスト」
健康管理と予防医学

健康管理能力検定1級「公式テキスト」はこちらをご覧ください

健康管理士公式サイトへ

検定問題にチャレンジ!

Q.次の文章は、薬について述べたものである。
  正しいものは○、誤ったものは×と答えなさい。
① 十分な水または白湯で服用することによって、薬の効力が発揮される。
② 食間とは食事中のことである。
③ 医師から処方された薬によって副作用が現れたら、直ちに服用を中止する。
④ ビタミンKは血液を凝固させる作用があるため、ワーファリンとの併用は控える。
⑤ 高齢者は肝臓の解毒作用が弱くなるため、副作用が現れやすい。

解答を見る

練習問題をもっと見る


SSL GMOグローバルサインのサイトシール


Page Top