健康管理コラム

紫外線から身を守る方法

更新)

初夏の日差しが感じられ、夏の訪れが楽しみになってきました。

前回は、私たちの体に悪影響がある、紫外線の基礎知識についてでしたが、正しい知識を知っていただきために、今回は、紫外線から身を守る方法についてお話ししていきたいと思います。

  

紫外線の肌への影響

紫外線の肌への影響には、個人差があります。
日光を浴びて、赤くなった肌は、黒く変わりますが、これは表皮の細胞の中のメラノサイト(色素生成細胞)が、新しいメラニンというものを作ることで、紫外線を吸収したり、散乱させたりして、肌を守ろうとするためです。メラニンが多いほど、肌が黒くなったり、しみになりやすいのですが、紫外線に対しての抵抗力があります。逆にメラニンが少ない色白肌は、紫外線に対しての抵抗力は弱くなります。
同じ時間日差しを浴びても、すぐ黒くなる人、赤くなってから黒くなる人、赤くなってから白くなる人・・・。
日焼けの仕方には個人差があります。

紫外線の影響

 

紫外線防止の基本

まずは、紫外線を浴びないことです。
しかし、日常生活で、紫外線を100%カットすることは不可能ですから、なるべく紫外線を浴びない工夫と、紫外線防止化粧品を正しく使いましょう。

 
紫外線対策
 
  • 紫外線の強い時間帯は、なるべく外出を避けましょう
    紫外線は午前10時~午後2時までが最も多いといわれています。
 
  • 日傘をさす
    最近では、UVカット加工された、日傘がたくさん出回っています。
 
  • サングラスをかける
    サングラスの色の濃さではなく、UVカットレンズが入っているものを選びましょう。
 
  • つばの広い帽子をかぶる
    つばが大きい方が、紫外線をブロックする範囲が広がります。
 
  • 衣服に工夫をする
    長袖を着たり、手袋をつけることも効果的です。
 
  • 日焼け止めを正しく使う
    十分な量を肌にムラなく伸ばして使いましょう、量が少なすぎたり、ムラがあると日焼けしてしまうことがあります。又、汗や衣服の摩擦で落ちてしまうこともあるので、2~3時間おきには、塗りなおすようにしましょう。
    シーンに合わせて、紫外線防止の表示を確認して使用しましょう。
 

日焼け止めの表示について

  • SPF(Sun Protection Factorの略)
    UV-Bをカットする力を20~50+で表します。約20分間、何も付けていない素肌と比べ、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことができるかという目安です。例)SPF30の場合
    20分×30=600分=10時間までは日焼けが抑制できます。
 
  • PA(Protection Grade of UVAの略)
    UV-Aの防止効果を強い方から
    ++++、+++、++、+
    の4段階で表します。
 
  日焼け止め
健康と美肌のために、上手に紫外線を防いで、生活しましょう。

「健康管理能力検定」公式テキスト3級では、生活リズムを知って、健康で美しいライフスタイルを送る具体的な方法について、学べます!

紫外線を防いで、心身ともに健やかな夏を過ごしませんか?

◆健康管理能力検定公式テキストの詳細はこちらからご確認ください◆

健康について知識を学ぶなら
健康管理能力検定

こちらの記事もおすすめです

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top