健康管理コラム

夏バテ予防は「食生活」から

更新)

梅雨が明けて、じりじりとした強い日差しを感じられるようになりました。

この時期は暑さで食欲がなくなり、ついキンキンに冷えた飲み物や、食べ物などを選んでしまうことが多くなり、体調不良や夏バテを招きます。暑さに負けないためにも夏こそ食生活を整えることが重要になります。そこで今回は、夏の食生活についてご紹介いたします。

夏のイメージ
 

夏の水分補給の仕方

水分補給はただ多ければいいというものではありません。汗を大量にかくと、体内の水分とともにミネラルも失われます。水だけを補給すると、血液中のミネラル濃度が低くなって、熱中症の症状が出たり、濃度を正常に保つために尿として水分を排泄してしまい、脱水症状をきたすこともあります。喉が渇いたと感じるときにはすでに脱水は始まっているので、こまめに水分とミネラルを補給しましょう。

また、私たちは食事からも水分補給をしています。夏野菜には水分が多く含まれ、体の熱を下げる働きがあります。特に、キュウリやズッキーニ、スイカなどのウリ科野菜は水分が多く含まれるのでおすすめです。
夏の水分補給の仕方
 

夏に冷たいものはNG!?

夏は冷たいものを好んで食べたり、飲んだりすることが多いですが、胃腸が冷えることで消化管のリズムが悪くなります。下痢や便秘といった排泄トラブルだけでなく、免疫力の低下、血行不良、代謝低下などに繋がります。

冷奴や生野菜サラダなど冷たい食べ物を食べた後は、温かい飲み物を飲んで胃腸を温めたり、体を冷やす食べ物は加熱調理をしたり、香辛料を加えてみたり、工夫すると良いでしょう。


 
夏に冷たいものはNG!?

夏バテ予防に効果的な栄養素は!?

疲労回復に役立つ「ビタミンB₁」がおススメです。ビタミンB₁は糖質の代謝に使われるため、不足している状態で糖質を大量に摂取すると、体内でうまくエネルギーに変換されません。余った糖質は中性脂肪として体に蓄えられてしまうので、肥満にもつながります。

積極的にビタミンB₁を取り、糖質をきちんとエネルギーに変換していくことで疲れにくくなったり、疲労回復にも役立ちます。

ビタミンB₁は、豚肉や、うなぎ、レバー、豆類などに多く含まれ、にんにくやネギに含まれるアリシンと一緒に取ることで吸収率がアップします。

 
夏バテ予防に効果的な栄養素は!?
 

麺類にはちょい足しを!!

そうめんやお蕎麦などの冷たくてのど越しの良い麺類は、食欲のない夏にぴったりです。しかし、食事はおかずなしで済ませてしまうと、糖質に偏り、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が不足しがちです。

麺類を食べるときは次の点に注意しましょう。
  • トッピングやおかずを足して、麺類だけの食事にならないようにしましょう。例えば、大根おろし、きゅうり、トマト、オクラなどの野菜や、肉、卵、納豆などのたんぱく質を麺にプラスするだけでもバランスがUPします。他にも、小鉢を1品プラスするのも良いでしょう。
  • 食欲増進のために、ショウガやシソ、香辛料などをちょい足しするのも良いでしょう。また、酢やレモン、梅干しなどを加えると、クエン酸が含まれるため、疲労回復にも役立ちます。
  • よく噛んで食べましょう。麺類を良く噛まずに飲み込んでしまう人も多いですが、夏バテで胃腸が弱っているところへ良く噛まずに食べると胃に負担がかかり、消化不良になります。
 
麺類にはちょい足しを!!
 

いかがでしたか?夏バテにならないように、日頃の食生活を考えて過ごして、夏を楽しみましょう!

「健康管理能力検定」公式テキスト3級では、生活リズムを知って、健康で美しいライフスタイルを送る具体的な方法について、学べます!

健康管理で心身ともに健やか夏を過ごしませんか?

2018.07.17

健康について知識を学ぶなら
健康管理能力検定

こちらの記事もおすすめです

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top