健康管理コラム

春は「デトックスの要」である腸のリズムを整えて心と体を元気にしましょう!

更新)

花々が咲き乱れる鮮やかな季節。
春の陽気が眩しい季節になりましたね。

ゴールデンウィークの計画に心踊らせていらっしゃる方も多いかと思います。
春の季節は、様々な老廃物を体からデットックスする季節です。

そこで、今回は「デトックスの要」でもある腸を元気にすることで、心と体を元気にする知恵をお伝えしたいと思います。

デトックス

様々な不調は腸内環境が原因かも?

  • 便秘・下痢
  • 風邪をひきやすい
  • 花粉症
  • 肌荒れ
  • イライラ、落ち込み
不調の要因

腸は様々な役割を担当している!

腸は、「第二の脳」といわれるほど多彩な機能が備わっています。
  • 風邪や花粉症を予防する
    体内の免疫細胞(リンパ球)の約8割が腸壁にあるといわれています。
  • 肌荒れを防ぎ美肌をつくる
    腸は肝臓と連携し(腸肝循環)、解毒機能を行っています。
  • 肥満を予防する
    腸内細菌は脂肪細胞の肥大化を防止します。
  • 精神を安定させる
    精神を安定させる、神経伝達物質セロトニンのほとんどが腸でつくられています。
 

腸内環境を整えましょう!

腸内には約100兆個の細菌がお花畑(腸内フローラ)のように存在しています。
腸内の細菌の数は決まっていて、悪玉菌が増えれば善玉菌が減って腸内環境は悪化します。
日和見菌は、腸内環境の中で、もっとも多くをしめ、善玉菌が増えれば、善玉菌になり、
悪玉菌が増えれば、悪玉菌に変化します。

 
分類 代表的な菌 特徴
 善玉菌  ビフィズス菌  腸内にもともと住んでいる菌
 乳酸菌  乳製品・発酵食品に含む
 日和見菌  バクテロイデス  善玉菌にも悪玉菌にも変化する
 悪玉菌  クロストリジウム菌  毒素を発生させる。酸化の原因になる
 
i_tyounaikankyou
☆善玉菌:日和見菌:悪玉菌は=2:7:1が理想!
 

善玉菌を優勢にするためには、乳製品や発酵食品に含まれる、乳酸菌やビフィズス菌などの菌そのものを取ることと、野菜や果物などに含まれる、オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌のエサになるものを取ることが重要です。
i_zendamakinnotame
 

加齢とともに、善玉菌は減少し、悪玉菌が増える傾向にあります。
悪玉菌は、肉など脂肪分の取り過ぎや、野菜不足、運動不足で増加します。
腸内環境を良好に保つようにこころがけ、心と体を元気にしましょう!

「健康管理能力検定」公式テキスト3級では、生活リズムを知って、健康で美しいライフスタイルを送る具体的な方法について、学べます!

健康管理で心身ともに健やかな春を過ごしませんか?

◆健康管理能力検定公式テキストの詳細はこちらからご確認ください◆

健康について知識を学ぶなら
健康管理能力検定

こちらの記事もおすすめです

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top