合格者の声・こんな方にオススメ

合格者の声

  • 鳥居 あすか さん

    金融機関・生命保険業

    2018年7月8日 名古屋試験

    3級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    もともと、健康や美容には興味がありました。健康を勉強することで、自分の身体だけでなく、家族や友人の身体も大切にできると思いました。
    また、生命保険業に今年から携わり、プロとして情報提供でき、自分の担当するお客様を全面的にサポートできるような人間になりたいと思ったからです。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    電車内の広告で見かけ、受験申込をしたのが締切寸前だったので、頭に詰め込むような形で勉強をしました。
    テキストは、カラーや絵、図を使った説明が多く、イメージで覚える私にはピッタリでした。
    日常生活では、健康や美について様々な情報が飛び交う中で、こうして正しい知識を身に付けられたことに深い意義を感じます。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    自身の健康管理を第一にしていくのが最初の目標です。(体調を崩すと、親に迷惑をかけてしまうため…)
    家族や友人、将来自分が持つ家庭のことを考えて、もっともっと勉強して、たくさんの方にアドバイスできるようになりたいです!
    また、自分の担当するお客様からも頼って頂けるよう、健康意識を高く持ち続けられる存在になりたいです。

  • 水野 克己 さん

    執行役員・トーテックアメニティ株式会社

    2018年7月8日 名古屋試験

    2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    事業部長として、事業部員(120名)にイキイキと健康に働いて欲しいと常々考えていました。
    そのためには、健康な心と体が基本となります。心身共に健康であるためには、体系的な知識が必要であると思い、
    本検定を取得しました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    私自身はジムに通い、トレーニングをしていましたので、基本的な食や体に関する知識を有していましたが、テキストやwebで学習することにより、知識の整理をすることができました。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    前述した通り、イキイキとした職場環境を構築するために、自ら率先して健康管理を実践し、事業部員との対話を通じて、健康管理の重要性を浸透させていきたいと考えています。

  • 塚本 聡美 さん

    小学校養護教諭

    2018年3月18日 東京試験

    3級・2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    小学校で養護教諭をしています。
    普段、子供たちに健康(運動・睡眠・食事・生活習慣など)についての指導していますので、健康についての知識を検定に生かして、
    更にスキルアップしようと思い受験することにしました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    娘(大学3年)も健康に関心を持っており、就職は健康やスポーツ関係を考えているため誘ったところ、一緒に受験することになり、2・3級のテキストを交換しながら勉強しました。母娘でテキストの情報交換をしたり、問題を作って出し合ったりしました。
    試験後、二人で試験内容の確認をしながら電車で帰宅しましたが、「テキストを使って勉強しないと難しいね。」 「簡単なようでひっかけ問題があるよね。」などと試験を振り返りました。
    二人とも合格できて良かったです。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    子供たちや保護者の方々に、「健康」について、今までよりも更に詳しく・具体的に、伝え・指導していくことができると思います。
    娘は今後の就職活動に生かしていけると思います。
    健康を指導する人は、まずは自分自身が健康でなくてはいけないと思いますので、自分の健康管理にも役立てていきたいです。

  • 井澤 伸一 さん

    会社員

    2018年4月22日 大阪試験

    3級・2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    やや肥満気味だった身体を、自ら考え実践した食事コントロールで体重10㎏以上、腹囲10㎝以上落したのが昨年夏~秋の事です。
    その際に多くの書籍や雑誌で栄養素や身体に関する知識と経験を得ていましたが、これを機に栄養学などををきちんと勉強したいと漠然と思っていました。
    その頃にこの検定を知り、すごく興味が湧き、特に2級の内容がすごく「勉強したい!」と思った内容だったため、2級・3級の併願受験を決めて勉強を開始しました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    2級・3級の併願受験で、受験勉強期間も教材到着から1ヶ月半しかなく大忙しでした。
    仕事の往復電車内や休日の大半を学習に充てましたが、基本的に興味深い内容なので、苦痛ではなかったです。
    2級よりも3級の東洋医学の理解が難しかったですね。
    いざ3級試験となると、予想以外の出題がいくつかあったものの、他はそんなに難しくは思いませんでした。
    2級は、さすがに3級よりはじっくり考える箇所が多々ありました。
    何とか一発同時合格できて良かったです。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    学習開始と並行して、まずは自分自身の生活・食事等のさらなる見直しを進めたところ、体調や肌・髪の様子が以前より良くなったと感じています。
    今後については、家族など身近な人々に、健康に関するアドバイスを必要に応じてしていきたいと思っています。
    目指すところである1級合格後は、できれば健康管理士一般指導員としての資格を活かせる仕事をいくつか見つけて、世のため人のために働きたいなと考えております。

  • 永井 皓子 さん

    販売員

    2018年4月22日 大阪試験

    3級・2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    元々は早起きは得意ではなく、生理前には食べ過ぎて太ってしまったり、ストレスをコントロールできなかったり…という生活でした。
    しかし、早朝のパン屋でアルバイトを始めたのをきっかけに、どんどん健康的な生活ができるようになっていきました。
    朝からリズム良く動くことで身体も自然とすっきりし、さらには気持ちも明るく元気になり、「早起きは三文の徳」という言葉を身を持って実感しました。
    そんな時に電車広告でこの検定について知り、これまで実感として感じてはいましたが、何となく…という健康に対する姿勢を、知識として習得したいと思い、受験を決めました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    学習はテキストに沿って進めていきました。3級と2級を一度に受けるか、初めは迷いましたが、結果的に一緒に勉強して良かったと思います。
    互いの級で共通している内容や繋がっている内容が出てきて、体系的に学ぶことができました。
    試験までに3回テキストを読み、覚えるというよりも理解しながら、日頃の生活と結びつけつつ勉強を進めました。
    本番の試験で細かい内容を尋ねられると、曖昧で自信のない解答がいくつかありましたが、結果合格することが出来て嬉しいです。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    自分の健康管理はもちろんのこと、家族や大切な人たちの健康を気遣い、心身共に健康で幸せな人生を送る手助けをしていきたいです。
    仕事は健康管理とはあまり関係ないですが、日々自分自身が元気でいることが、仕事でもプライベートでも大切だということを心に留めて生活していきたいと思います。
    健康管理能力検定1級にも、今後挑戦してみようと思います。

  • 竹沢 早耶 さん

    アパレル販売員

    2016年9月11日 東京試験

    3級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    美容と健康のためにダイエットを始めてから、日々の生活を見直すようになり、たまたま電車で広告を見つけ資料請求しました。
    自分自身の健康だけではなく、将来家庭を持った時、また家族の健康にも活かせると思い検定を受けることにしました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    元々、健康に関する知識はあったので、答え合わせをするような感覚で教材を読みました。
    合格対策事前講習会で、改めて必要な箇所を重点的に学べたので、試験はスムーズにできました。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    以前よりも健康に対する知識が増えたので、2級・1級も続けて取得し、自分自身や周りにいる人への健康管理をしたいです。
    現在はアパレル販売員をしていますが、若いスタッフも多く、健康や食生活についての知識が少ない人も多いため、アドバイスをしていきたいです。

  • 村松 瞳 さん

    大学生(アパレル関係のアルバイト中)

    2016年9月11日 東京試験

    3級2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    通学中の電車内での広告を見て、検定の存在を知りました。
    自身も医療系の栄養学を学んでいるため、学習を更に深く勉強できるきっかけになる良い機会だと思い、受験しようと決意しました。
    まだ、大学生だから…と不安な面もありましたが、早いうちに様々な経験を積むのも大切だと考えていたので、良いきっかけでした。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    自分が学校で学んでいる事以上に内容の濃い学習で、健康や美容に携わる身として、かなり勉強になりました。
    特に、合格対策事前講習会をテスト直前に開講して下さるので、大切な部分をもう一度復習でき、より確実に合格に近づけたと実感しました。
    また、テキストも図やカラーで大変見やすく、学びやすかったです。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    まだ、学生なので修学中ではありますが、地域の活動(ボランティア)や今後の就職活動においても、かなりアピールポイントになると考えています。医学・薬学・栄養学から美容・環境まで幅広く知識を身に付けられるので、どんな職場でも必ず役立つと思います。
    健康や美容は、一生持っていて損のない知識ですし、将来自分が親になった時にもきっと活躍してくれると信じています。

  • 岡﨑 正雄 さん

    国家公務員

    2016年9月4日 大阪試験

    3級2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    定年を来年に控え、経験なしで受験できる資格はないかと探していたところ、電車の中の広告で偶然目に留まりました。
    元々学生時代から長年運動は続けており、運動生理学や健康、栄養といった分野に興味があったので、すぐにテキストを購入し、
    3級と2級を受験しました。
    これを生かした職業を目指しているわけではありませんが、さらに、健康管理士一般指導員を受験すべく準備中です。
    テキストには日常生活で役立つ健康情報がたくさん掲載されているので、基礎知識が増えました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    ある程度の予備知識があったので、取りつきは楽でした。テキストは簡潔で図解も多く、理解しやすいものでした。
    テレビやインターネットの情報も、テキストを読んだ後なら理解しやすいと感じました。勉強は、検定試験までに
    3級と2級のテキストを2回通して読んだだけです。
    合格対策事前講習会でポイントを説明してくれたので、試験に出そうな内容もある程度予測できました。
    受験者は女性が圧倒的に多く、60前の男性などは少数派でしたが、合格できて良かったと思います。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    自分自身40代の半ばから高血圧と高コレステロールの状態が続いており、この2項目は運動では解決できないことが身をもって解りました。
    何とか薬に頼らず解決できないか、今興味を持って実践しているのが第6、第7の栄養素と言われる食物繊維とファイトケミカルです。
    答えが出るには少し時間がかかりますが、少しでもストレスの少ない健康食と生活習慣を実践の中から見つけ出したいと思っています。
    そして、同じ悩みを持った中高年にアドバイスができればいいかなと思います。

  • 中川 まゆみ さん

    カフェ勤務

    2016年3月13日 東京試験

    3級2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    もともと健康オタクで、健康に関する情報を集めるのが好きでした。
    この趣味で何か資格がとれないかなと思っていた時に、健康管理能力検定の広告を見つけ、受験してみようと思いました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    健康管理に関しての知識は、ある程度あった為、知らないことを補足して覚える程度で、あまり難しくはなかったです。
    テキストの絵や図が非常に多く分かりやすく勉強しやすかったです。
    試験直前の合格対策事前講習会のおかげで、補習も完璧でした。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    自分自身の健康管理はもちろん、家族や身近な人にどんどん情報を発信できたらなと思っています。
    また職場でもお客様をお呼びして、小さな健康セミナーを開催できたらいいなと思っています。

  • 霜出 友香 さん

    学生

    2016年3月6日 大阪試験

    3級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    私は大学で管理栄養士の資格取得を目指しながら「食・栄養・健康」の専門的な知識を勉強しています。現在4年生ですが、今まで、自分の為にさまざまな資格を取得してきましたが、
    学内で健康管理能力検定のポスターを目にし、自分の勉強に役立つ資格だと感じ、受験することにしました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    勉強は主に通学時間を利用して少しづつ、取り組みました。
    もともと栄養学を学んでいますし、テキストはカラーで字も大きく、わかりやすい内容だったので、学習は比較的取り組みやすいと感じました。
    合格対策事前講習会では、直前にまとめてテキストの内容を吸収できたことが合格につながったのではないかと思っています。
    身近な健康管理を、楽しんで学ぶことができたので、受験して本当によかったと思っています。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    検定で学んだことは、まず自分自身で日常生活の中で実践していきたいと思っています。
    大学卒業後、管理栄養士としても生活リズムアドバイザーとしても周りの人々に「健康で笑顔溢れる生活」を提案できるようになれたらと思っています。
    これからは、更なるステップアップ目指して、2級、1級にも挑戦していきたいです。

  • 山本 竜哉 さん

    株式会社 電通

    2015年10月25日 東京試験

    3級2級合格

    健康管理能力検定を取得しようとしたきっかけ

    私は体育会系ボート部出身で、母校の監督を約10年勤めました。
    部員を指導する上で、運動だけではなく、栄養と睡眠の三角形の面積最大化が、パフォーマンスには重要であると感じ、栄養や睡眠の勉強をするため様々な資格を取得してきましたが、なかなか活用することができませんでした。
    最近では、自分自身の健康管理や、効率的な働き方ということを考えるようになり、生活習慣全般を見直すきっかけとして健康管理能力検定を受験し、広い健康の知識を得たいと思いました。

    健康管理能力検定合格までの学習や試験について

    元々関心が強い分野ですので、改めて見直しをするという感覚で学習に励みました。
    又今回は、周囲に受験を宣言して始めたこともあり、ランチの時などに同僚にクイズを出したり、家庭では育児の際に妻との会話で役立ったりと、自然に楽しみながらテキストを読んで、学習を進めていきました。

    健康管理能力検定の知識をどこでどのように活用していきたいか

    まずは、自分自身の健康管理と仕事の効率化に役立てたいです。
    また、子供の教育や、多くの仲間への運動・栄養指導に活かしていきたいと考えています。
    次回は健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)を目指して頑張りたいと思っています。



Page Top