練習問題

健康管理能力検定1級 練習問題

Q1次の文章は、生活習慣病の原因について述べたものである。( )に当てはまる語句を下から選び、記号で答えなさい。

日本の主要死因として、悪性新生物、(  ①   )、脳血管疾患などの生活習慣病が挙げられる。その原因として、加齢や遺伝要因も関係するが、(  ②   )バランスの乱れ、アルコールや(  ③   )などの嗜好品の取りすぎ、自動化や省エネ化が進んだ結果、生活が便利になったことによる(  ④   )など、生活環境要因が積み重なって起こる(  ⑤   )病である。
また、ストレスを抱える人も多くみられ、ストレス自体が高血圧や国民病ともいわれる(  ⑥    )のリスクを高めるなど生活習慣病の危険因子としても知られている。

ア.急性 イ.慢性 ウ.運動不足 エ.心疾患 オ.糖尿病
カ.遺伝 キ.栄養 ク.睡眠不足 ケ.不安 コ.たばこ

A.① エ ② キ ③ コ ④ ウ ⑤ イ ⑥ オ

解説

生活習慣病は、その名の通り日常生活の習慣的な行動の積み重ねによって起こります。そのため、具体的な症状が現れるのは、40代以降の中高年が大半を占めています。しかし、食の欧米化やストレス社会が影響を及ぼし、若年層でも生活習慣病にかかるケースが増加しているため、注意が必要です。

Q2次の「血液検査の分類」に当てはまる「検査項目」を下から選び、記号で答えなさい。

血液検査の分類 検査項目
貧血の検査 赤血球数、(  ①  
糖尿病の検査   ②  )、(  ③  
脂質異常症の検査 LDLコレステロール、(  ④  )コレステロール、(  ⑤  
肝機能の検査 AST(GOT)、ALT(GPT)、(  ⑥  
腎機能の検査   ⑦  )、尿素窒素(BUN)
痛風の検査   ⑧  
ア.HDL イ.VLDL ウ.クレアチニン エ.中性脂肪 オ.γ-GT(γGTP)
カ.尿酸 キ.ヘモグロビン ク.HbA1c ケ.白血球数 コ. 空腹時血糖値

A.① キ ② ク ③ コ ④ ア ⑤ エ ⑥ オ ⑦ ウ ⑧ カ

解説

血液は体の履歴書といわれ、生活のほとんどが検査結果に現れます。A、B、Cなどの判定に一喜一憂せず、数値の意味を理解して病気の予防と改善に活かしましょう。

Q3うつ病で半年間休職中のMさん(37歳・男性)が来月から職場復帰をする。Mさんが無理なく職場復帰するためのアドバイスとして適切なものをすべて選び、記号で答えなさい。

  • 頑張りすぎないように注意し、就労時間や業務量を段階的に増やしていく。
  • 心機一転して仕事に取り組めるように、復職前の部署からの異動を提案する。
  • 交流を深めるため、お酒を交えた会社の飲み会には積極的に参加するよう勧める。
  • 体調が悪そうなときは「頑張って」と励ますとよい。
  • 再発防止のため、体調や勤務状況などを考慮して仕事を調整させる。

A.ア オ

解説

うつ病は「心の風邪」と言われ、誰でもかかる可能性がある心の病気です。責任感が強く、何事も一生懸命取り組むタイプに多くみられる傾向にあり、何でも一人で抱え込みがちになります。適度に休息を取ったり、自分の時間を持つなどの工夫をしてストレスを解消するように努めましょう。

Q4健康的な食生活を実践するための「食事バランスガイド」は、食事の望ましい組み合わせについて「コマ」をイメージして表現している。「コマ」の各部分に当てはまる語句を記号で答えなさい。

食事バランスガイドのコマ
  • 果物
  • 牛乳・乳製品
  • 主食
  • 主菜
  • 副菜
  • 必要不可欠な水分
  • 適度な運動

A.① キ ② ウ ③ オ ④ ア

解説

「食事バランスガイド」とは、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省によって食事の望ましい組合せやおおよその量をわかりやすく示したものです。「何を」「どれだけ」食べたらよいか、また、主食、副菜、主菜等に分けて日本に馴染みのあるコマのイラストで示されています。

Q5次の文章は、環境問題について述べたものである。正しいものは○、誤ったものは×と答えなさい。

  • 1メタンや二酸化炭素など、エネルギーを蓄えることのできる気体を「温室効果ガス」という。
  • 2地球温暖化によって氷河が溶けると、海面水位は下降する。
  • 3過去100年の気温の上昇経緯をみると、夏の気温が最も高くなっている。
  • 4気温が上昇することにより、熱中症や伝染病の発症が考えられる。
  • 5地球温暖化により、日本の気候が亜熱帯から熱帯へと変化することが危惧される。
  • 6大気汚染物質を削減するために、オゾン層破壊の原因となるフロンガスの生産が全廃された。

A.① ◯ ② × ③ × ④ ◯ ⑤ × ⑥ ◯

解説

地球温暖化によって、生態系への影響や豪雨・干ばつなどの異常気象の増加、気温上昇による食糧不足や水不足の発生、熱帯性感染症発生の増加など、地球や人間に及ぼす影響がたくさんあります。日本では、地球温暖化を防止するための条約として「京都議定書」がありますが、身近な対策としてエアコンの設定温度に注意する、待機電力を減らす、公共交通機関を利用するなど、ライフスタイルを改めることで、地球温暖化の防止に役立ちます。

Q6次の文章は、薬について述べたものである。正しいものは○、誤ったものは×と答えなさい。

  • 1十分な水または白湯で服用することによって、薬の効力が発揮される。
  • 2食間とは食事中のことである。
  • 3医師から処方された薬によって副作用が現れたら、直ちに服用を中止する。
  • 4ビタミンKは血液を凝固させる作用があるため、ワーファリンとの併用は控える。
  • 5高齢者は肝臓の解毒作用が弱くなるため、副作用が現れやすい。

A.① ◯ ② × ③ × ④ ◯ ⑤ ◯

解説

薬の用法や用量は、年齢や標準的な体格に合わせた薬物血中濃度を踏まえて決められています。そのため、たくさん飲めばよく効く、早く効くということはありません。用法、用量を守り、正しく飲みましょう。

健康管理能力検定1級の受験および公式テキストの購入は、「健康管理能力検定1級 受験対策講座」の受講が必要となります。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール


Page Top