健康管理コラム

食欲の秋① 旬の食べ物で減塩しよう

更新)

だんだんと日が落ちるのも早くなり、秋らしさを感じはじめました。秋といえば食欲の秋。脂ののった魚や、みずみずしい果物に、旬の野菜!美味しいものばかりで食欲も旺盛になりがちです。そして、ついつい普段より味付けの濃い料理をたくさん食べちゃった…なんてことはありませんか?
今回は食欲の秋を満喫しながらも、塩分を控える方法をご紹介いたします。

秋の味覚
 

秋はなぜ食欲が出るの?

秋になると様々な食べ物が旬を迎えます。気候も涼しくなり、夏の暑さも落ち着くため、食欲が出てきます。また、秋は春や夏に比べ、日照時間が短くなってきます。すると、食欲の調整にも深くかかわるセロトニンの分泌量が減ってしまう傾向があり、食べることでセロトニンを増やそうとするのです。さらに、気温が下がると体温を保つために基礎代謝が上がり、エネルギーを消費します。その分、エネルギーの補給をしようと食欲が出ます。
食欲の秋
 

食欲の秋は塩分にも気を付けましょう

食欲が旺盛でたくさん食べると、実はその分塩分の摂取量も増えています。例えば、パンや麺類には塩分が入っています。また、お肉やお魚の味付けには塩分が使われていることがほとんどです。
健康のためにと生野菜サラダを食べるのに、ドレッシングをたくさんかけては塩分がオーバーしてしまいます。塩分過多の食生活を続けていると、高血圧や腎疾患、心疾患など様々な生活習慣病の原因にもなります。
減塩に気を付けよう!
 

減塩の基本

1日の塩分摂取量は 男性8g 女性7g を目指しましょう!

(高血圧の人は6g未満)…インスタントラーメン1杯でおよそ5~6g


  • だしを効かせる・・・昆布や鰹節、干しシイタケなどの濃い目の出汁を使う
  • 酸味を利用する・・・酢やレモン、ゆずやすだちなど、さわやかな酸味を使う
  • 味にメリハリを・・・1品にしっかりと味をつけてあとは薄味にすると満足感◎
  • 香ばしさを利用・・・焼いたり揚げたりすると香ばしさで塩分がなくてもおいしく感じられます。秋はさんまの七輪焼などが香ばしくておいしいですね!
  • スパイスを効かせて・・・辛味やスパイスで塩分が少なくてもしっかりと味がつきます
  • 香りを利用・・・ニンニク、ショウガなどの香味野菜を利用しましょう
  • 味付けは食べる前に・・・表面に塩分があると塩気を感じやすく、塩分を控えることができます。
減塩の基本
 

醤油やみそ、塩、ソースだけの味付けに頼らずに、様々な調味料や、ちょっとした工夫でおいしく減塩が出来ます。
秋は旬のおいしい食べ物がたくさんあるので、素材の味を生かして、薄味を心掛けましょう!

「健康管理能力検定」公式テキスト3級では、生活リズムを知って、健康で美しいライフスタイルを送る具体的な方法について、学べます!

健康管理で心身ともに健やかな生活を過ごしませんか?

◆健康管理能力検定公式テキストの詳細はこちらからご確認ください◆

健康について知識を学ぶなら
健康管理能力検定

こちらの記事もおすすめです

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Page Top