お知らせ

お知らせ

2017.04月号 春から気を付けたい紫外線の影響①

2017年4月14日ヘルスケアインフォ

ヘルスケアインフォ 春から気を付けたい紫外線の影響①

春のやわらかな日差しと爽やかな風が心地よい今日この頃。
みなさんは、お花見を楽しまれましたでしょうか?

お出かけには気持ちのよい季節ですが、気を付けたいのが紫外線です。
紫外線は、春からどんどん増えていき、私たちの体に様々な悪い影響を及ぼします。

美容や健康の為に、春からしっかり紫外線対策をしていきましょう。
  
ic_時計紫外線とは

紫外線は、地表に届く太陽光線のなかで、もっとも波長の短いもので、波長の違いによって、UV-A波、UV-B波、UV-C波の三種類に分類されますが、UV-C波は地上には届いていません。
UV-B波は、皮膚の表皮に届き、皮膚や眼に有害で、日焼けを起こしたり皮膚がんの原因になります。
又メラニンを増加させて日焼けによるシミ・ソバカスの原因をつくります。
UV-A波は、皮膚の深い真皮層まで届き、肌の弾力を作るコラーゲンやエラスチンを破壊するため、しわやたるみなどの肌の老化を引き起こす原因となります。



紫外線

 

ic_時計紫外線は夏だけ気を付ければいい?

紫外線は一年を通して、地上に届いていて、肌にダメージを与えています。
下のグラフは、日本の場所別、月別の紫外線量を示したグラフで、同じ日本でも降り注ぐ紫外線の量や強度は変化します。


月別紫外線照射量

紫外線は「夏」というイメージがありますが、紫外線量は5月~9月頃までが特に多く、春から紫外線対策をしておく必要があります。

 

ic_時計紫外線の基礎知識。あなたはどのくらい知っていますか?

あなたは紫外線について、どのくらい知っていますか?〇×で答えてみてください。


  • ①家のなかにいれば、日焼けはしない
  • ②曇った日は、紫外線の心配はない
  • ③赤ちゃんの日光浴は健康のため必要
  • ④日焼け止めクリームは、何度か塗りなおすことで効果が持続する
  • ⑤サングラスは紫外線防止には有効
  • ⑥朝と夕方の日差しは、気にする必要はない
紫外線対応
  • ①結果 ×
    家の中にいても紫外線は窓ガラスを通して部屋に入ってきます。
    洗濯物を干している時など、注意が必要です。
 
  • ②結果 ×
    薄い雲の場合は、紫外線の80%が通過します。
    曇りの日でも、紫外線対策をしましょう。
 
  • ③結果 ×
    以前は、赤ちゃんの健康のために必要だといわれていた日光浴ですが、最近では日光浴を積極的にしなくても、カルシウムを合成するのに必要なビタミンDが食事から摂取できることができるようになり、逆に紫外線の悪影響の方が心配ということがわかってきました。
 
  • ④結果 ○
    日焼け止めクリームは汗をかいたりして、知らないうちに取れていることも多いため、数時間おきに塗りなおすことが必要です。
 
  • ⑤結果 ○
    目から紫外線が入ると脳が感知し、それがシミの原因 になっているのです。
    サングラスは、目に紫外線が入るのを防いでくれる 役割があります。
    色の黒いものよりも UVカット率 を参考に選びましょう。
 
  • ⑥結果 ×
    目から紫外線が入ると脳が感知し、それがシミの原因 になっているのです。
    サングラスは、目に紫外線が入るのを防いでくれる 役割があります。
    色の黒いものよりも UVカット率 を参考に選びましょう。
  i_babycar
次回は、紫外線の悪影響から身を守る方法についてお伝えします。

2017.04.14



健康管理能力検定 3級・2級 検定日程

SSL GMOグローバルサインのサイトシール


Page Top